カラス / Karasu
「首を絞めれば殺せると思ってやってみただけだ。
なんか悪いことだったのか?」
「その頼み、聞いてやったらお前は楽になるのかよ」
性別身長165cm
年齢15歳前後
一人称オレ二人称呼び捨て、お前
備考
 吊り目が特徴的な新人類〈廻人〉の少年。
 品性に乏しく直情的なため、皮肉が通用しなかったり、ちょっとした刺激で沸騰してしまう悪癖がある。
 知識欲はあまりないが、興味が湧いた事柄には熱中しやすい。
 直感が最大の武器なのだが精度はよろしくないため、キナリから忠告を受けがち。




キナリ / Kinari
「ムロビシは、わたしたちの何を知ってるの?」
「恨んでなんか、ない。優しくしてもらったから」
「――――……」
性別身長155cm
年齢15歳前後
一人称わたし二人称呼び捨て
備考
 カラスと出生を共にした〈廻人〉の少女。
 過剰なほど慎重に思考・行動するため、全く逆のカラスとは意見が合わないことが多い。
 基本的に内向的かつネガティブで、文字を読み書きできないことが一番のコンプレックス。
 暇なときはじっと座っていることが多いが、運動自体は嫌いではないらしい。




アカアリ / Akaari
「……う」
性別身長175cm
年齢20歳前後
一人称-二人称-
備考
 謎の多い無表情な女。いつも猫背気味。
 知能は低く、言葉を操ることがほとんどできない代わり、驚異的な身体能力を有する。
 痛覚が欠落しているなど、様々な意味で常識から逸脱している。
 紐に括りつけられたナイフケースは、本体をよく紛失するためムロビシが繕ったもの。




ムロビシ / Murobishi
「怖がっちゃって、可哀想に」
「あーあ……。一足遅かったか」
「おいちゃんの有り難いお言葉は、以上で最後だ」
性別身長185cm
年齢50歳前後
一人称俺、おいちゃん二人称〜くん(ちゃん)など
備考
 飄々とした様子の男。
 ある目的のため〈廻人〉たちを保護して回っている。
 カラスとキナリに協力的な面が多いものの、自立を促すためだろうか、敢えて助言しないような様子も多々ある。
 聞き分けの悪いアカアリの暴走を制止するため体を鍛えるのが日課。